【Progate意味ない】という評判・口コミは間違い!有料版&無料版の評価

【Progate意味ない】という評判・口コミは間違い!有料版&無料版の評価

この記事を書いた人

プロリア編集部

プロリア編集部

プログラミングスクール・教室のリアルな情報をお届けします!

Progateは、有料版と無料版でそれぞれ「評価すべき価値」が違っています。 評判のいいおすすめポイントだけではなく欠点も確認しながら、Progateが向いている人・有料プランに課金すべき人を判定します。

Progate無料版の価値

Progate無料版(無料プラン)の評価すべきポイントは、とにかく徹底的に初心者向けであること。
プログラミング初心者がつまずきやすい2つのハードルをクリアしているので、無料で試す価値があると言えます。

初心者が学習を始める前に挫折しやすい2つのポイント

  • 必要なソフトウェアなどの環境構築が難しい
  • どの言語を選べばいいかわからない

環境構築不要ですぐに始められる

Progeteは、難しい初期設定は一切不要ですぐにプログラミング学習を始めることができます。
本来、プログラミングを始めるためにはサーバ環境の構築が必要ですが、エラーが起こりやすい複雑な作業なので、ここで挫けてしまう人は多いです。

Progeteならメールアドレス(またはソーシャルログイン)だけですぐに無料アカウントを作ることができるため、学習を始める前に挫折してしまうことはありません。

Web開発の主要な言語を網羅している

Progateの無料プランは、主要なプログラミング言語をカバーしています。
10個の主要なプログラミング言語と6つのツール(フレームワーク・ライブラリ)、そして2つの実践課題を学ぶことができます。

無料の範囲だけでも、その言語がどのようなものか・その言語を学ぶと具体的に何ができるようになるのかを知ることができます。

Progateの無料プランで学べるコース一覧

言語学べる内容
HTML & CSSWebページの見た目を作る基本の言語
JavaScript (ES5)フロントエンドだけでなく、サーバーサイドまで広い可能性を持つプログラミング言語
JavaScript(ES6)JavaScriptの新しい仕様
RubyWEBアプリケーションの「システム」をつくるためのプログラミング言語
PHPWEBサービスで必要な機能を作ることが出来るプログラミング言語
Java世界中で使われている有名なプログラミング言語
PythonWebアプリケーション開発や機械学習、統計処理など、様々な分野で使われるプログラミング言語
SQLデータの管理や分析を行うデータベース言語
Goスタートアップから大規模なシステム開発まで、さまざまな開発現場で使われるサーバーサイド言語

ツール学べる内容
jQueryアニメーションや効果をつける、JavaScriptのライブラリ
Ruby on Rails5Rubyで書かれた、WEBサービスの開発に必須のフレームワーク
Command Lineコンピュータを操作するツールであり、webサイトやアプリを作る上で必須のもの
Git共同開発には欠かせない、分散型バージョン管理システム
Reactサイトの見た目を作ることができるJavaScriptのライブラリ
Node.js大量の同時接続ができるアプリケーションのために設計されたJavaScript環境
QuestツイートアプリRailsを使ったバグ修正の練習
QuestドローンメールJavaScriptを使って経路探索にチャレンジ

Progate無料版と有料版の違い

Progateには無料プランと、定額で学び放題になる有料のプラスプランの2つがあります。
無料プランで受講できるのは各コースの基礎となる18レッスンで、すべてを受講すると学習時間目安は41.7時間です。
対して、有料のプラスプランにアップグレードすると月額1,078円で全85レッスン・174時間分を学ぶことができます。

有料版に課金すべきタイミング

「プログラミングに触れてみたい」という目的であれば、無料プランだけで十分満足できるはずです。
ただし、無料プランではそれぞれのコースの導入部分のレッスンしか受けることができないので無料の範囲だけでその言語スキルを習得するのは不可能です。

レッスンを進めていくと「ここからは有料プラン限定です」という案内が出てくるので、そこまで進んだ時点でもっと知りたい・学んでみたいと思えたら有料のプラスプランに変更するのがおすすめです。

Progate有料版の価値

Progateの有料版(プラスプラン)の評価すべきポイントは、コストパフォーマンスの高さです。
有料版は、無料版の4.7倍ものボリュームがあり、より実践的な知識に加えて応用編や演習問題などのスキルアップを目指すコースまで学ぶことができます。

低価格で始めることができる

Progateの有料版の料金は1078円で、一か月間使い放題。
月額1078円という低価格は、ドットインストールやUdemyのような他の類似サービスに比べても遜色ありません。
また、プログラミングスクールに通う費用と比較すると、圧倒的にリーズナブルだと言えます。

サービス名受講形式料金
Progateスライド1,078円/月
ドットインストール動画視聴1,080円/月
Udemy動画視聴2400円~24000円/1レッスン
テックアカデミーオンラインスクール174,900円〜
侍エンジニアオンラインスクール380,000円~

複数の言語が学べる

Progateは、低価格で複数の言語を網羅的に試すことができるうえ、Web開発コース(Ruby on Rails)とWeb開発コース(Node.js)という「学習すべき順番」があらかじめ用意されています。

プログラミング言語の種類は200種類以上もあり、その需要はトレンドによって変化します。
学習するプログラミング言語を絞り込み、学ぶ順序を自分で決めるのは初心者には難しいことですが、Progateならば迷うことはありません。

Progateとドットインストールの違い

Progateと同時に比較検討されやすいサービスが「ドットインストール」です。
どちらも独学で学習を進めたい人向けで、価格帯が同じなのでどちらにするべきか迷う人も多いでしょう。
Progateとドットインストールの違いを、比較表にまとめてみました。

Progateドットインストール
料金税込1,078円/月税込1,080円/月
受講形式ブラウザ/アプリブラウザ
教材スライド動画
コース数84465
指導実績230万ユーザー66万ユーザー
質問機能なし月5回まで質問可能

Progateが向いている人

  • 実際にコードを入力しながら学習したい
  • ゲーム感覚で達成感を味わいたい
  • 学習するべき順番を自分で決められない
  • 多くのユーザーがいる大手サービスで学びたい

ドットインストールが向いている人

  • 音声と動画で見て覚えたい
  • たくさんのコースの中から選択したい
  • 個別で質疑応答に答えてほしい

Progateだけでプロのエンジニアになるのは難しい

Progateは初心者向けの学習サイトなので「目標を実現するための基礎」になります。
プログラミングに必要な言語の種類や基礎的な知識を身につけるには最適なサービスですが、Progateの完走だけでプロのエンジニアになるのは不可能です。

実際に口コミや評判を調べてみると「Progateが終わったら、次は何をしよう?」「Progateが終わったから2週目に突入する」というような声が多く見られます。
つまり、Progateをすべて終えたからと言って、プログラマーとして就職できるほどのスキルを習得できるとは言えません。

Progateが終わったら学ぶべきこと

Progateを完走して、本格的にプロのエンジニアを目指す場合は、プログラミングをさらに深く学ぶ必要があります。
まずは、Progateだけではカバーしきれない2つのポイントから抑えましょう。

Progateの欠点

  1. C言語が学べるコースがない
  2. 環境構築ができるようにならない

C言語を学ぶ

Progateのデメリットの一つに「C言語を学べるコースがない」ことがあげられます。

C言語は、PHPやRubyなどのプログラミング言語や、LinuxなどのOSのもとになっています。
他の言語に比べて習得難易度が高いプログラミング言語ですが、ソフトウェアの根本的な動作原理を理解しておくと、プロのエンジニアになった際に大きく役に立ちます。

C言語をがどのようなものか、まずは無料で確認してみたい場合には動画で学べるUdemyがおすすめです。

Udemyの詳細ページはこちら

環境構築を学ぶ

環境構築不要でプログラミングに触れられる点はProgateの魅力の一つですが、実際にプロのエンジニアになるには環境構築を避けて通ることはできません。
「環境構築が一番難しい」「環境構築が下手なエンジニアは現場で使えない」とも言われるほどで、1度は学んで理解するべき項目です。

ローカル環境開発を無料で学びたい場合には、動画で学べるドットインストールがおすすめです。

ドットインストールの詳細ページはこちら

最終評価:プログラミング超初心者の第一歩に最適

Progateは無料版・有料版ともに、誰でも気軽に始めやすく・挫折しないように設計されているので、プログラミング学習の第一歩にぴったり。
これからプログラミングを始めてみたい「超初心者」には、かなりおすすめできるサービスです。

一方で、本気でプログラマーとして稼いでいくことを目指したい方にとっては、勉強内容の深さが物足りないと感じるでしょう。
プログラミングスキルを習得し、収入を得たいと考えているなら、「Progateが終わったら次は何をするべきか」を考えておくことが必要です。